診療科一覧

トップページ > 診療科 > 外科 > 鼠径部・肛門の疾患

鼠径部・肛門の疾患

成人鼠径ヘルニア

 嵌頓による腸壊死の可能性のある疾患ですので、腰椎麻酔に耐えうる全身状態の方にはKugel PatchやDirect Kugel Patchなど人工膜を用いたtension freeな修復を行います。

痔核

 患者さんの痔核の状態に合わせて下記の治療法を選択します。
(1)緩下剤内服や肛門への座薬・軟膏注入による保存的治療
(2)痔核の結紮切除手術
(3)ジオン液(アルミニュウム・タンニン酸)四段階注射法による痔核硬化療法
(4)自動縫合器を用いた痔核手術(PPH法:Procedure for Prolapse and Hemorrhoids)

直腸脱

 高齢者に多い疾患ですので、患者さんの全身状態と脱出の程度を考慮して、肛門輪縫縮術(Thiersh法)、直腸粘膜短縮法(Gant-三輪法)、PPH法といった低侵襲な治療法から開腹手術による直腸固定術(Wells手術)などを適宜行っております。

コピーライト