診療科一覧

外科

医師

橋爪英二 副院長(兼)教育研修センター副センター長(兼)ME室長
日本外科学会外科専門医、日本静脈経腸栄養学会認定医、東北大学医学部「地域医療実習指導医」、東北大学医学部臨床教授(移植・再建・内視鏡外科担当)、医師臨床研修指導医ワークショップ修了、臨床研修協議会主催プログラム責任者養成講習会修了、嚥下機能評価研修修了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
陳 正浩 救命救急センター長
日本外科学会認定医・外科専門医、日本救急医学会救急科専門医、麻酔科標榜医、JATECインストラクター、臨床研修指導医養成講習会修了、第3回東京都港区がんのリハビリテーション研修会修了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、医療メディエーション基礎編研修履修、ACLS研修修了
萩原資久 救命救急センター副部長(兼)外科部長
日本外科学会認定医・外科専門医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医、日本救急医学会救急科専門医、日本食道学会食道科認定医、麻酔科標榜医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医養成講習修了、日本静脈経腸栄養学会 Total Nutritional Therapy Course修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
村山最二郎 外科部長
日本外科学会外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
原 康之 外科部長
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能専門医、日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本移植学会移植認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本肝臓学会肝臓専門医、東北大学大学院医学系研究科大学院非常勤講師、日本肝胆膵外科学会評議員、臨床研修指導医養成講習修了、「医療安全対策加算に関する施設基準」の「(1)医療安全管理体制に関する基準」に係る研修含む、向精神薬の適正使用に係る研修修了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
矢野充泰 外科副部長
日本外科学会外科専門医、臨床研修指導医養成講習修了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了、臨床実習後OSCE認定評価者
伊東 賢 外科科長
日本外科学会外科専門医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
小笠原弘之 外科医長
日本外科学会外科専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本移植学会移植認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
岩本尚太朗 外科副医長
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
赤羽根綾香 外科医員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
鈴木翔輝 外科医員
日本医師会認定健康スポーツ医、日本DMAT隊員、JMECC・ICLSコース、JPTECプロバイダー、JATECコース、ISLS/PSLSコース、ITLSアドバンストプロバイダー、ACLS Experiencedプロバイダー、ACLSプロバイダー、ヘルスケアプロバイダー、BLSプロバイダー、PALSプロバイダーコース、MCLSプロバイダー、FCCSコース、公認スポーツファーマシスト、宮城県災害医療コーディネート研修、令和元年災度害派遣医療チーム研修、多数傷病者への対応標準化トレーニングコース研修 終了、災害派遣医療チーム研修、宮城県災害医療技能研修会、宮城県災害医療従事者研修会、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
加藤健一 外科医員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了、「向精神薬の適正使用に係る研修」修了、日本救急医学会認定ICLSコース修了、BLSプロバイダー、ACLSプロバイダー、JATECコース修了
(更新日:2021年2月1日)

診療内容等

 東北大学、山形大学、秋田大学の外科医局と連携し、総勢19名(乳腺外科の天野吾郎、濱中洋平医師を含む)、入院病床86床の態勢にて診療を行っています。
 対象となる病気は下記のごとく多岐にわたりますが、消化器疾患、甲状腺疾患、乳腺疾患、成人・小児のヘルニア、末梢血管の疾患、腹部外傷などに対し、外科手術のみならず、化学療法、放射線治療を含めた集学的な治療を外科で行っています。
 食道癌、胃癌、大腸癌に対しては胸腔鏡・腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に導入しています。

1.消化器疾患
2.甲状腺疾患
3.乳腺疾患
※乳腺外科の診療紹介をご覧ください。
4.鼠径部・肛門の疾患
5.末梢血管の疾患
6.腹部外傷

かかりつけ医との連携について

 がん治療や慢性疾患においては、当科で手術された後も定期的なフォローアップが必要な場合がありますが、そのような場合もかかりつけ医やご紹介元の診療所と密に連絡を取り合って外来診療をしております。CT検査や大腸内視鏡検査など病院で行う必要性のあるものについては定期的に当院で行いますので、信頼の置けるかかりつけ医をお持ちになられることをお勧めします。

専門外来について

 当院外科では下記の専門外来を開設しております。いずれも一般外科医では診断や治療方針に苦慮する場合には、常に連携をとって診察しております。また、ご自分やご家族の病気について専門的な診察を受けたいという場合にも、是非ご相談ください。

●甲状腺外来 ●小児外科外来 ●ストーマ外来

乳がん検診について

乳がん一次検診、二次検診は完全予約制です。

コピーライト