診療科一覧

トップページ > 診療科 > 整形外科

整形外科

医師

尾鷲和也 副院長
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、山形大学医学部臨床教授(整形外科学分野担当)、日本側弯症学会会員、義肢装具等適合判定医師研修修了、臨床研修指導医ワークショップ修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了、医療安全管理者認定
(専門:脊椎外科、側弯症、胸郭出口症候群、梨状筋症候群、知覚異常性大腿痛、上殿皮神経障害)
川路博之 診療部長(兼)整形外科部長
日本整形外科学会整形外科専門医、日本人工関節学会認定医、臨床研修指導医養成講習修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
佐々木淳也 診療部長(兼)整形外科部長
日本整形外科学会整形外科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、山形県高野連連携スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、向精神薬の適正使用に係る研修修了
(専門:肩、肘、手、上肢の外科)
菅原裕史 整形外科部長
日本整形外科学会整形外科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
山川淳一 整形外科部長
日本整形外科学会整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、臨床研修指導医養成講習修了、がんのリハビリテーション研修終了、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了、向精神薬の適正使用に係る研修修了
宮地隆浩 整形外科副医長
向精神薬の適正使用に係る研修修了
村上成人 整形外科副医長
長瀬紗枝子 整形外科医員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
白石 暁 整形外科医員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
村中雄治 整形外科医員
(更新日:2021年2月1日)

診療内容等

 整形外科は四肢や脊椎といった運動器の疾患や外傷を扱う科です。当院整形外科は手術または入院が必要な患者さんの治療を主体に、常勤医師9名で整形外科全般の診療を行なっています。特に脊椎、膝関節、股関節、肩関節、上肢はそれぞれの領域の専門医が常勤し、専門的な治療を行なっています。胸郭出口症候群、梨状筋症候群、知覚異常性大腿痛、上殿皮神経障害などの神経痛を来す疾患も積極的に診療しています。

【入院】

 手術治療を中心に急性期の治療に重点を置き、短期間の集中的な入院加療を行なっています。長期的なリハビリ等が必要な患者さんは庄内地域の他病院と連携をとって、紹介させていただいています。

【外来】

 新患は平日の午前中に2名の医師が担当しています。紹介状や予約は不要ですが、診察の結果、手術や入院、あるいは専門的な観察が不要と判断された患者さんは市内の整形外科開業医等に紹介をさせていただいています。
 再来は予約制となっています。また、毎週水、木曜日には専門外来として脊椎外来(完全予約制)を行なっています。予約は整形外科外来看護師が受け付けています。

診療実績

【H25年4月~H26年3月 手術実績】

総手術件数 1,646件
脊椎手術 285件
(頚椎 66件、胸椎 17件、腰椎 202件)
人工関節手術 197件
(人工膝関節 123件、人工股関節 74件)
骨盤・下肢骨折手術 355件
(うち大腿骨近位部骨折手術 229件)
肩・上肢骨折手術 245件
膝関節鏡視下手術 62件
肩関節形成術 18件
膝前十字靭帯形成術 17件
アキレス腱縫合術 27件
手根管症候群手術 34件
肘部管症候群手術 12件
骨軟部腫瘍切除術 11件
知覚異常性大腿痛手術 5件
胸郭出口症候群手術 6件
外反母趾手術 6件
肘・手関節形成術 13件
上殿皮神経障害手術 70件
その他  283件
コピーライト