部門一覧

検査部

理念

1.安心、信頼、高度な医療提供
2.保健、医療、福祉の地域連携
3.地域に貢献する病院経営 をもとに検査部品質方針を土台とした、良質な検査サービスを
 提供する。

基本方針

1.私たちは温かい心で患者さんに接します。
2.安全・迅速・正確をモットーに、質の高い検査を提供し、地域医療に貢献します。
3.他職種との協力連携を高め、チーム医療の一翼を担います。
4.常に新しい知識と技術を身に着け、自己のアップデートをし続けます。
5.費用対効果を意識し、検査業務の効率化とコスト削減に努めます。
6.私たちは検査部のすべてのプロセスにおいて、国際規格ISO15189の要求事項に従い、
 適合性を遵守します。
7.この品質方針は、日本海総合病院検査部全体に伝達され、理解されます。
8.品質方針の適切性を持続させるために、検査部はレビューを実施します。

医師

髙橋美奈子 診療部長(兼)検査部長(兼)内科部長
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医、診療情報管理士
 (2019年7月1日現在:総務課)

当院検査部はISO15189の認定施設です

(2018年8月23日に山形県の病院で初めてISO15189認定を取得しました。)

iso15189認定証画像

 国際規格ISO15189とは、臨床検査室の品質と能力に関する特定要求事項を提供するものとして国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)が作成した国際規格です。ISO15189は品質マネジメントシステムと技術的要求事項から構成されており、認定取得した臨床検査室の検査値は国際的に通用することを意味します。>

認定範囲

 「基幹項目」「非基幹項目」のうち、尿糞便等検査、血液学的検査、生化学的検査、免疫学的検査、微生物学的検査、生理学的検査の該当する検査項目 詳細は、公益財団法人日本適合性認定協会の「臨床検査室の認定」ページをご覧ください。

ilacMRA-JAB-iso画像

施設認証

一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会より、精度保障認定をされた施設として認証を受けました。
(2016年4月1日付)
認定証画像

検査部の紹介

 正確で安全な臨床検査結果を、できるだけ早く臨床に提供することは、患者さんの臨床診断・治療経過判定のため不可欠です。 私たちは、24時間体制で臨床検査を行っています。
 以下に説明します7つの部門で、専門的に臨床検査を行っています。

検査部部門紹介

採血室

当院採血室は2階にあります。朝8時から受付が始まり、一日350~450人の患者さんの採血を行っております。
採血は「臨床検査技師」と「看護師」が担当しており、「安全に」「間違いなく」行うために、十分な管理と細心の注意を払って実施しております。

採血の様子
【採血の様子】

一般検査

尿分析装置画像
【尿分析装置】

尿中の蛋白、糖、潜血反応、ウロビリノーゲンなどの検査や、尿沈渣検査、大便中の潜血検査や寄生虫の虫卵検査、髄液、腹水や胸水の細胞検査、関節液の結晶検査などを行います。

血液検査

赤血球・白血球、血小板を計測して、貧血や炎症の有無を調べる検査、貧血や白血病、骨髄腫、悪性リンパ腫などを検索する赤血球・白血球の形態検査、血液凝固検査などを行います。

末梢血像・骨髄像 鏡検画像
【末梢血像・骨髄像 鏡検】

生化学・免疫検査

生化学・免疫自動分析装置画像
生化学・免疫自動分析装置画像
【生化学・免疫自動分析装置】

肝臓や腎臓、膵臓の機能検査、電解質検査、コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールなどの脂質検査、ホルモン検査、腫瘍マーカー検査、B型肝炎やC型肝炎、HIV、梅毒などの感染症検査を行っています。

細菌検査

感染症や食中毒などの原因菌の検出・同定と、薬剤感受性試験、簡易キットを用いたインフルエンザ、アデノ、RS、ロタなどのウイルス検査などを行います。

細菌検査の様子
【細菌検査の様子】

病理検査

病理組織標本作製の様子
【病理組織標本作製の様子】

手術や内視鏡検査などで取り出した組織の診断、尿、穿刺液、喀痰、子宮頚部擦過物などの細胞の診断、手術中の迅速診断、病理解剖などを行います。

輸血検査

血液型検査や輸血をするための交差適合試験、不規則抗体検査、直接・間接クームス試験、自己血輸血に関する検査、血液製剤の保管・管理などを行います。

全自動輸血検査装置画像
【全自動輸血検査装置】
輸血を受ける方へ
輸血検査では輸血に関する検査と輸血する血液の管理をしています。
ABO式血液型検査では、間違えた血液型を輸血してしまうと重篤な副作用を引き起こすため、絶対間違わないように、別の時点で採血した血液を複数回検査することで、血液型を確定しています。
さらに、より安全に輸血をするために、血液型だけでなく、輸血した赤血球が壊れることを防ぐための検査もしています。
また、医師の指示により、自己血輸血も行なっています。
自己血輸血は、手術前に採血した自分の血液を輸血することをいい、この場合、自分の血液を戻すことになるので、献血由来の血液と違って、より安全な輸血ができます。

生理検査

頚動脈エコー検査画像
【腹部エコー検査】 頚動脈エコー検査画像
【呼吸機能検査】

心電図、肺機能検査、心臓・腹部・頚動脈・下肢静脈などの超音波検査、脳波、聴力検査、平衡機能検査、血圧脈派解析検査、神経伝導速度検査、心肺運動負荷試験などを行っています。

臨床検査に係る専門資格等保持者  R1.7.1現在

資格名等 氏名
細胞検査士 齋藤 裕紀、諏訪 しのぶ、吉川 路子
菅野 泰正
国際細胞検査士 齋藤 裕紀、諏訪 しのぶ
認定病理検査技師 齋藤 裕紀、諏訪 しのぶ、吉川 路子
二級臨床検査士(病理学) 齋藤 裕紀、諏訪 しのぶ、吉川 路子
武田 麻美
超音波検査士 消化器領域 伊藤 啓明、田中 清美、根上 智子、
齋藤 恵美、佐藤 譲
超音波検査士 循環器領域 伊藤 啓明、根上 智子、庄司 律、佐藤 直美
血管診療技師 伊藤 啓明、庄司 律
認定輸血検査技師 渡會 通宜
特定化学物質及び
四アルキル鉛等作業主任者
齋藤 裕紀、諏訪 しのぶ、吉川 路子、
齋藤 裕、富樫 通彦
有機溶剤作業主任者 諏訪 しのぶ、吉川 路子、齋藤 裕
一般毒物劇物取扱者 草島 梨沙

 (2019年6月1日現在:経営企画課)
コピーライト