医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)のお仕事紹介

1.医師事務作業補助って何?

・医師の業務負担軽減のために、診療の中の事務的な部分を担う職種です。
・通称「ドクターズクラーク」と呼ばれています。
・2008年に診療報酬点数に新設され、当院でもそれと同時に医師事務作業時補助を配置しています。
・現在当院では約50名が医師事務作業補助者としてキラキラ活躍しています。

2.どんなことをしているの?

<外来>
◆活躍場所:診療科によって①外来の診察室②各科のブース内の2パターンがあります。
◆主な仕事:電子カルテへの入力作業、同意書等必要書類の出力を中心とした医師の診察の補助です。
◆例えば…
  • ・医師が患者さんから聞き取りした内容をカルテに代行入力することで診察をスムーズに始められるように準備する。
  • ・診察の結果次回内視鏡検査をすることとなった場合、内視鏡検査をするにあたっての説明書や同意書を出力する。
  • ・診察の結果必要となった医療行為に付随するオーダーを入力する。(診療報酬点数を算定するために必要な作業です)
◆どんな人が向いているの?
 診察の進み具合に合わせて、柔軟に、臨機応変に対応できる機転の利く方が活躍しています。

<病棟>
◆活躍場所:入院病棟(3~7階)
◆主な仕事:電子カルテへの入力作業がメインです。
◆例えば…
  • ・毎日の記録が漏れていないか、実施した検査等のオーダー漏れはないか、処置伝票と呼ばれる入力のもととなる書類とカルテとを突き合わせながら正確に入力する。
  • ・入院加療に伴う同意書等、患者さんやご家族からサインをいただく大切な書類がきちんと作成されているかをチェックする。
◆どんな人が向いているの?
 診療報酬の決まりに則って、抜けがないようしっかり確認しながら落ち着いて入力することができる方が活躍しています。

3.資格は必要?未経験者でも大丈夫?

  • ・実は、必須の資格はありません。専門用語が飛び交う医療現場ですので不安なこともあるかと思いますが、個人個人のレベルに合わせた研修を行い、無資格、未経験でも安心して業務にあたれるよう努めています。
  • ・もちろん、病院勤務の御経験がある方、医療に関する資格(医療事務、医師事務作業補助認定資格、診療情報管理士等)をお持ちの方大歓迎です。
  • 当院はキャリアパスを策定しているほか、医事関連資格の取得助成制度があり、あなたの「プロ」としての自己研鑽を応援します。

4.あきほ第49号より「私の仕事紹介リレー 入院クラーク」

↓画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

5.採用情報

 ハローワークインターネットサービスより「ドクターズクラーク」で検索してみてください。
 あなたの魅力を存分に活かせるよう、お手伝いします。