理事長挨拶

島貫隆夫 顔写真

 「地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構」は、非公務員型の一般地方独立行政法人として、平成20年4月に山形県と酒田市により共同設立されました。急性期の「日本海総合病院」と回復期を主体とする「日本海酒田リハビリテーション病院」の2つの病院の運営にあたっています。また、平成30年4月に新たに酒田市から移管統合された日本海八幡クリニック及び市内5診療所の運営も行っています。これまで多大なご理解とご支援を頂いた県民、市民の皆様、懸命に頑張ってきた職員の皆様には深甚なる感謝を申し上げます。
 さて、医療を取り巻く社会環境は、昨今目まぐるしく変化しています。今まで行われてきた個別医療機関の収入、支出管理は、とりわけ過疎、高齢化が進み、医療需要の縮小が確実な地域で、持続的安定経営を行うには困難な時代を迎え、今後は医療圏、さらにはより広域での医療、介護に係る経費管理が要求される時代に入りつつあります。こうした状況に対応すべく、平成30年4月に当法人が中心となり、医療・介護・福祉の切れ目のないサービスを将来にわたり地域に安定的に提供することを目指し、地域医療連携推進法人日本海ヘルスケアネットを設立いたしました。
 近年では医療DXの重要性が高まっており、当法人でもデータ分析を始め、飛島診療所での遠隔診療の運用、オンライン資格確認・電子処方箋の活用、地域医療情報共有ネットワーク「ちょうかいネット」を核とした医療情報プラットフォームの構築等の取り組みを進めてまいりました。
 今後、生産年齢人口の減少と高齢化、今回の新型コロナウイルス感染症の蔓延といった社会が抱える問題は、現行の社会保障制度に大きな影響を与え、今後の医療機関、特に急性期病院の経営はその持続性に重大な懸念が予測される厳しい時代に入ると思われます。
 これからも医療を取り巻く環境変化を的確に捉え、基本理念のもと職員一丸となって力を尽くして参りますので、今後ともご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。