トップページ > PET/CT > PET/CT検査について

PET/CT検査について


PET/CT検査とはPET(Positron Emission Tomography:陽電子断層撮影法)と、CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影法)を融合させた画像を、同時に得る検査です。

PET検査

PET検査では「がん細胞は正常の細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込む」という性質を利用して、ブドウ糖にフッ素-18というごく微量の放射線放出物質(放射性同位元素)をつけた薬剤(以下、FDG)を体内に注入します。
そこから放出される微量の放射線をPETカメラでとらえて、がん細胞の位置や大きさをしらべます。
組織やがんの活動状態(再発かどうか)などの情報を得るのに適しています。

CT検査

CTは組織やがんの細かな状態(がんの形や大きさ、どの臓器のどの部分に存在するかなど)の情報を得るのに適しています。

PET/CT検査

PETとCTが一体型となった装置で、一度の撮影で全身のPET画像とCT画像を得ることができます。
PETだけの画像に比べて、病変の位置とその範囲がより正確に判別できます。
CT画像の異常部位についての質的評価ができ、診断能が向上します。
がんの転移や再発の診断に有用です。

前のページに戻る

他サイトバナー

地方独立行政法人 山形県・酒田市病院機 日本海酒田リハビリテーション病院 日本海八幡クリニック等診療所院 酒田市総合病院 産婦人科サイト 医学生向けサイト ちょうかいネット 広報誌「あきほ」 スマホ版QRコードはこちらから

PickUp!

日本海ヘルスケアネット 地域フォーミュラリ 酒田市立酒田看護専門学校 放射線治療専門委員会 東北がんネットワーク ナショナルクリミナルデータベース 山形大学医学部 メディカルサイエンス推進研究所 jasect 日本海病院ツイッターへ 看護部facebookへ 日本海病院臨床研修facebookへ
コピーライト