部門一覧

トップページ > 部門の紹介 > 医療メディエーション室

医療メディエーション室

教育研究センター集合写真

 医療メディエーションとは、患者側と医療者側の対話を促進することを通して、双方の理解の「ずれ」を予防をしたり、調整をする仕組みのことです。
 日常の診療や看護のさまざまな場面では、認識上の誤解が生じてしまい、患者さん・ご家族と医療者側の間の信頼関係が崩れることがあります。
 医療メディエーション室で、時に患者さん・ご家族と医療者側の対話を促進することで、情報共有と相互理解を進め、患者さんや医療者側の、様々な問題解決のための橋渡しや支援をしていきます。 
 また、投書に寄せられたご意見に対しても、改善に向けて、各部門と連携を図り柔軟に対応していきます。
 医療メディエーション室は、今年度に新たに新設された部署です。最も身近な部署として、皆様方に活用していただきたいと思っております。


 (2018年5月1日現在:経営企画課)
コピーライト