部門一覧

トップページ > 部門の紹介 > 地域連携クリティカルパス
地域連携クリティカルパス

「地域連携クリティカルパス」について

 日本海病院では、患者様にわかりやすく、 安全で質の高い医療を目指して地域の病院や診療所と協力して「地域連携クリティカルパス」を活用しています。
 「地域連携クリティカルパス」は、 患者様に納得していただいたうえで、
患者様も含め、医師・看護師・薬剤師等が共同で利用できる診療体制、スケジュールを記載した表です。
「地域連携クリティカルパス」に基づいて主治医が2人になり、協力して診療を行います。


クリックで拡大

「私のカルテ」について

「私のカルテ」には・・・
*地域連携クリティカルパスの説明書
*治療について
*退院後の生活について
*退院後に忘れてはならないこと
*知っておきたい私の診療情報 
*診察・検査予定表
*診療の記録
*具体的に決定した連携先医療機関の一覧と連絡先
*自己チェックシート等
が閉じられています。
日本海総合病院の主治医

*地域連携について説明
*退院前に連携先医療機関についてご相談させていただきます。
*退院後の日本海総合病院の外来予約

連携コーディネート担当者

*患者様の状況を考慮したコーディネートを開始
*退院後の連携の具体的なスケジュールを説明

「地域連携クリティカルパス」の利点は?

●患者さんの主治医が複数になり、異常の早期発見やきめ細かな対応が望めます。
●病院や診療所の混雑が解消される効果も望めます。
●関係する連携医、患者さんやご家族と相談しながら運用を進めますが、
 変更・中止の申し出にも応じます。

「私のカルテ」の使い方は?

●ご自分の身体の状態を2人の医師に知らせるために活用します。
●日本海総合病院、連携医を受診するときに持参してください。
●患者さんの状態や思いは、「私のカルテ」を通して情報交換を行います。

お問い合わせについて

日本海総合病院 相談支援センター
山形県酒田市あきほ町30
電話 0234-26-5282 
受付時間 平日9:00~16:30
がん相談支援センター ちょうかいねっと

 (2016年4月1日現在:地域連携室)
コピーライト